プロポーズに婚約指輪を購入するか悩んでいませんか?

もしくは、「どんな風にプロポーズすればよいかわからない」と悩んでいませんか?

こんにちは、プレゼントプランナーの恵子です。

女性にとって人生の一大イベントであるプロポーズには、とても強い憧れを持っています。

とにかく、これからの人生のパートナーになってもらうためにも、びしっと決めたいところですよね。

今回は、彼女を喜ばせるためのプロポーズ方法についてお話します!

スポンサードリンク

1.本当に女性は婚約指輪が欲しいのか

プロポーズをイメージしたときに思い浮かぶのは、
  • 薔薇の花束
  • 婚約指輪

ではないでしょうか。

でも、「本当に婚約指輪がほしいと女性が思っているのか」と疑問をもつ男性のために女性100人アンケートをとってきました。

<アンケートに答えた女性の一言>
■ほしい
「婚約指輪はあこがれ。絶対プロポーズのときにほしい(26歳OL)」

■どちらかといえばほしい
「お金に余裕がないと婚約指輪はねだれない。強く言えないけど、ほしいなぁ(28歳看護師)」

■どちらかといえばいらない
「そんなに貯金が多くないから、婚約指輪は諦めている。でも、サプライズしてくれたりしないかな、とちょっぴり期待している(31歳OL)」

■いらない
「新婚旅行や式にお金をかけたいから、婚約指輪はいらない(27歳SE)」

「ほしい、どちらかといえばほしい」と答える女性は約7割でした。

また、「どちらかといえばいらない」と答える女性の話を詳しく聞くと、他にも結婚費用がかかりお金に余裕がないのを知っているからとのことでした。

管理人管理人

お金に余裕さえあればほしいということになるわね

このように、お金が気になりつつもほしいと思っている女性が多いという結果です。

ただ、必須ではないようなので、結婚にかかる費用を考慮しつつ、余裕があれば婚約指輪の購入を検討してください。

婚約指輪を用意したほうが、最愛の女性を喜ばせることができる!

①.プロポーズから結婚までの流れ

「婚約指輪はいつのタイミングで購入すればいいの?」
「プロポーズした後ってどうすればいいの?」
など流れがわからない場合は、下記の流れを参考にしてください。

  1. プロポーズ用のプレゼント・婚約指輪を購入する
  2. プロポーズをする(Yesを貰う)
  3. お互いの両親に挨拶に行く
  4. 両家の顔合わせ・結納
  5. 入籍日・結婚式の日取りを決める
  6. 式場選び
  7. 結婚指輪の購入
  8. 結婚式の準備を始める
  9. 友人や会社に結婚の報告
  10. 結婚式の詳細を決めていく
  11. 入籍する
  12. 結婚式をあげる

②.婚約指輪を購入するタイミングは2回ある

婚約指輪を購入するタイミングは、
  1. プロポーズするとき
  2. プロポーズしたあと

の2回あります。

プロポーズの王道は、リングケースを空けてキラリと輝くダイヤモンドの付いた指輪を渡しますよね。

でも、「婚約指輪は彼女が選びたいかな?」と思ってプロポーズのときに、婚約指輪をプレゼントしない人もいます。

主人

どっちがいいんだ?全然わかんないよ

彼女が、婚約指輪や結婚指輪に強い憧れを持っている場合、具体的な指輪の要望があるので、自分で選ばない方がよいです。

逆に、「指輪はほしいけど、具体的にどういったものがほしいかはわからない」といった女性に対しては、あなたが選んだ指輪をプレゼントした方が喜んでもらえます。

2.女性の理想のプロポーズとは

女性は、王道のプロポーズに憧れを持っています。

一生に一度の大イベントなので、
  • 薔薇
  • 婚約指輪
  • 夜景
  • 思い出の場所

などちょっと照れてしまうくらいベタな演出がよいです。

照れて中途半端なことをしてしまうほうが、彼女を怒らせてしまいかねないので、思い切りが大切ですよ。

①.女性が感動したプロポーズ体験談

ここでは、彼女が涙を流すほど感動させるプロポーズをした男性からお話をききましょう。

▼赤いバラでプロポーズ(34歳 金融系)

僕の彼女は、ドラマのプロポーズシーンを見ていた時「いいな、私もプロポーズされるときは、1本のバラがほしいな」と言っていたんです。

僕に面と向かって言っていたわけではなかったのですが、僕は2年後までそれを覚えていて、プロポーズするときに1本の赤いバラをプレゼントしました。

彼女は、ドラマを見てぼそりといった一言をずっと覚えていたことに、とても喜んで、泣き出したんです。

男の自分には、バラの良さがいまいちわかりませんが、彼女にとっては、そうではないから。

僕は、あのとき彼女の「バラがほしい」という言葉を聞き逃さないでよかったと思いましたね。

▼婚約指輪をパカっと(29歳 商社)

私は、ほんとうにドラマによくあるような王道のプロポーズをしました。

夜景のきれいなレストランを予約して、食事がすんだところでパカっと出しただけです。

でも、女性ってやっぱりプロポーズに憧れを持っているんだなってよくわかりましたね。

普段サプライズとかやらないから、全く期待されてなかったのもあったんでしょう。

「まさか、あんな素敵なプロポーズをしてくれるとは思わなかった」と泣きながら喜ぶ彼女を見て、「ここまで喜んでくれるとは思わなかった」と内心びっくり。

プロポーズしてみて思ったのは。女性って少女漫画のヒロインみたいになりたい願望があるんだなってことです。

だぶん、世界中の女性がみんな心にヒロイン願望を持ってると思うので、これからプロポーズする人は王道プロポーズをおすすめします。

スポンサードリンク

3.婚約指輪をプロポーズで渡したい

ブライダルジュエリーブランドでは、たいていプロポーズ応援サービスがあり、一緒にプロポーズの計画を立ててくれたり、アドバイスをもらえたりします。

購入すればそのサービスが受けられるので、婚約指輪探しから始めることをおすすめです。

①.後でデザインが決められるプロポーズリングがある

王道のプロポーズをしたい
でも、婚約指輪は彼女に選ばせてあげたい

そんな男性の気持ちを汲み取ったプロポーズリングというサービスを行っているブライダルジュエリー店が増えてきました。

ブランドによって微妙に変わりますが、大まかな内容としては、ダイヤモンドだけ購入し、プロポーズ後にダイヤモンドをつけるリングを彼女と一緒に購入するというものです。

こうすることで、プロポーズにダイヤモンドをプレゼントすることができます。

さらに彼女の好みのデザインの指輪にすることができるので、失敗することはありません。

ブランドによっては、調節可能の仮リングに購入したダイヤモンド付けることができるサービスをしていて、プロポーズの際に彼女の指にはめることができますよ。

4.婚約指輪以外でおすすめのプレゼント

婚約指輪は、プロポーズの後に彼女と見に行きたいから、婚約指輪以外のプレゼントを贈りたいという男性もいますね。

婚約指輪以外に、女性が貰ってうれしいプレゼントを紹介していきますよ。

①.薔薇

薔薇のなかでも、アートフラワー(造花)のバラをおすすめしています。

アートフラワーであれば、枯れる心配がなく、ずっと飾ることができるので、女性に喜ばれます。

1本のバラには、「あなたしかいない」という意味があり、プロポーズに最適なプレゼントです。

薔薇にメッセージを付けられるサービスもあるので、おしゃれに【MarryMe?】と添えると彼女の飛び切りの笑顔が見れますよ。

②.ガラスの靴

イタリアでは、「素敵な靴は、その人を素敵な場所に連れて行ってくれる」という言い伝えがあります。

これは、人気漫画『花より団子』でも、ヒロインが憧れの女性から言われた言葉でもあり、有名な話です。

さらに、靴を女性に贈る意味は、「彼女のこれからの人生を、ますます幸せに満ちたキラキラ輝く人生に導きます」という意味をもち、「彼女を生涯幸せにする」という誓いが込められています。

なかなかロマンチックで、女性ウケもよいので、プロポーズにピッタリですね。

③.一粒ダイヤのネックレス

婚約指輪を買わないというカップルには、ダイヤのネックレスもおすすめしています。

シンプルで上品なデザインを選べば、職場に着けていくこともできるので、女性に喜ばれますよ。

定番は、ディファニーのバイザヤードです。

他には、芸能人がよく愛用しているAHKAH(アーカー)のネックレスや4℃も候補にあげるとよいと思います。

5.成功させるには、プロポーズのタイミングも重要

プロポーズの準備が整ったら、あとはプロポーズにベストなタイミングを狙うだけですね。

「夜景の見えるレストランで・・・」
「思い出の場所で・・・」
などプロポーズをする場所も重要なのですが、一番重要なのがいつするかです。

女性が結婚に前向きな考えの時ではないと、最悪断られてしまうこともあります。

①.女性がプロポーズを断るとき

プロポーズを断ったことがある女性100人からアンケートを取った結果、下記の理由で断っていました。

  1. 経済力に問題があったから(65%)
  2. 結婚生活をイメージできなかったから(17%)
  3. 同棲中に結婚に自信がなくなったから(13%)
  4. 付き合って1年しか経ってなかったから(5%)

つまり、彼女を不安にさせないだけの収入と貯金があると、プロポーズの成功の秘訣ということですね。

他にも、彼女が「結婚したら幸せだろうな」とイメージできるように、普段の接し方を見直してください。

たとえば、
  • 家事に協力的であること
  • 体調が悪くなった時に看病してあげること
  • 悩みがあったらしっかり聞いてあげること

などです。

「この人とだったらずっと一緒に居られる」と思ってもらわなくては、プロポーズは断られてしまうのは当然です。

また、彼女自身にもプロポーズを受ける余裕があるかどうかもチェックしておいてください。

  • 仕事が忙しい時期
  • 何らかの問題を抱えている時期

などは、プロポーズしても「もう少し待って」と断られてしまう可能性が高いですよ。

②.彼女のプロポーズOKサインを見逃さないで

彼女の方が結婚に前向きであり、「プロポーズしてほしい!」と思っているときに必ず出るサインをしっておくと、ベストなタイミングを狙いやすいですね。

友達が結婚すると、女性は一気に結婚を意識するようになります。

特に、結婚式に出席すると結婚願望が強くなるので、そういったタイミングがおすすめです。

  • 「友達の○○が今月結婚するんだって」
  • 「○○さんのウエディングドレス綺麗だった」
  • ショウウィンドウに飾られているウエディングドレスや指輪をじっと見る

など結婚に関連した話題を出すようになったら、プロポーズOKサイン!

③.記念日や誕生日の1~2か月前が理想

入籍の日を記念日やどちらかの誕生日に合わせたりするカップルが多いです。

そのため、プロポーズは記念日などの2~3か月前にすると、入籍する日を記念日などに合わせることができるので、こだわりのある女性に嬉しい気遣いといえます。

6.彼女が喜ぶプロポーズのまとめ

女性の喜ぶポイントをお伝えしてきました。

婚約指輪を用意したほうが良いか悩んでいたのなら、その悩みは解決したと思います。

女性の場合、結婚したあとの喧嘩や憤りを感じる度に、プロポーズされたときのことを思い返す生き物です。

プロポーズの思い出がよければよいほど、思い出すだけで機嫌を直してくれます。

離婚に発展しそうなときにも、二人の絆が壊れないように思い出が守ってくれるので、しっかり【一生一緒にいたい】という気持ちを伝えてくださいね。